投資信託が注目されている理由

投信がおすすめ

忙しい方にこそ、投資信託がお奨め

最も一般的な投資対象というと、株式ではないでしょうか。株式の場合、分散によるリスクヘッジを効かせるには20社社程度に分散させる必要があると言われています。

そのためには比較的大きな資金が必要。頻繁に株価をチェックしないといけないので、仕事にも集中できないというリスクも。

投資信託ならばその心配はありません。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み。高い手数料を払うのは無意味。

運用会社、販売会社、管理会社の3社が関わってきます。販売手数料は販売会社によって決定されるため、同じ金融商品であってもどこで買うかによって手数料が異なってきます。金融機関の中には手数料による儲けを出したいがために、必要以上に高く販売手数料を設定している可能性もあります。